チャージバックとはなにか

タブレットをそうさしている人物

クレジットカード決済を導入した場合に発生する可能性が生まれるのがチャージバックです。
そもそもチャージバックとはどういったものであるのか?
これは消費者救済のためのシステムの一つです。消費者救済のためのシステムであるからこそ、現在では幅広い人に利用されるシステムとなっています。

では、実際にどのようなシステムなのか説明しましょう。
まず、ECサイトで商品をクレジットカードを利用して購入します。商品は消費者の手元に届きますし、消費者はクレジット会社へとお金を返済し、店舗にはクレジット会社よりお金が振り込まれます。
しかし、このクレジットカードを利用して購入するのが消費者本人ではなく、悪意を持った第三者だった場合はどうでしょう。
クレジットカードの所有者の意思とは関係なく商品を購入されてしまうわけですから、支払いのみが発生してしまうという状況となります。
ですから、チャージバックを行って支払いを拒否することが出来ます。もちろん、そのためには適切な理由があり、手続きを行う必要があります。
手続きを行う事によって支払いを拒否することが出来るので、消費者は損失が発生することはありません。
そこまでは非常に良いシステムなのですが、チャージバックが発生した場合、ECサイト側には非常に大きな損失が生まれます。
第三者による不正利用なので、商品は発送して第三者の手元に届くことになり、商品の料金も消費者の支払い拒否で得ることが出来ないため、損失だけが丸々残る形になるのです。